2013年07月25日

ラ・ジュネス 今後の演奏会予定

またまた投稿がおろそかになってしまいました。

6/29の報告と今後の演奏会予定を書きます。

6/29に久慈川日立南交流センターで開催された街角コンサートは無事終了しました。
昨年に続き2回目ですが、今回も多くの方に来ていただきました。
2部構成で約1時間半と比較的長いコンサートでしたが、最後まで楽しんで聴いていただきました。
第1部は、走者も観客も少し硬い感じでしたが、第2部で曲当てクイズや歌をやったので、2部はリラックスできました。
今後は、1部に少しそのようなイベントを入れた方が早くリラックスできるかもしれません。

今後の予定ですが、
・8/31(土)塙山交流センター
・9/14(土)パルティホール
・9/15(日)敬老会
・10/27(日)県立図書館
といろいろなコンサートが控えています。

お互いに楽しめるように、練習に励みたいと思います。

今後、これらのコンサートの案内もしたいと思います。
posted by たまねぎ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

6/29(土)は久慈川日立南交流センターでコンサートです

6/29(土)は、日立市の久慈川日立南交流センターでコンサートを行います。
14:00~本番で、2部構成の約1時間半のステージとなります。

昨年も実施したのですが、多くの方に来ていただきました。
今回も楽しみです。

茨城マンドリンフェスティバル後に練習に取り組んできました。
今回は、「花は咲く」「ふるさと」(嵐の曲)「津軽のふるさと」「夏の思い出」の4曲が初のお披露目となります。
まだまだの部分もありますが、頑張って練習してきたので、喜んでいただけると嬉しいです。

約1時間半ということで、練習も大変でした。
新曲もあったので、なかなかすべての曲の練習ができませんでした。

一緒に楽しめる、楽しいコンサートになればいいなと思います。

posted by たまねぎ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

5/12(日)の第4回茨城マンドリンフェスティバルを終えて

5/12(日)に開催しました茨城マンドリンフェスティバルは無事終了しました。
ご協力いただいた方々、ご来場いただきました方々に御礼申し上げます。

今回は、5団体が集まりました。各団体の皆様、お疲れ様でした。

各30分の持ち時間で演奏していくという形式です。
毎回思うのですが、今回もやはり、各団体の特徴がそれぞれ異なっていて興味深かったです。
人数や形式、目指す音楽性など、同じマンドリンなんですがかなり違いますね。
お互い、いい刺激を受けて発展していければいいですね。

さて、ラ・ジュネスの演奏ですが、細かいところではいろいろありますが、
全体にはまあ良かったのではないでしょうか。
練習期間が少ない中でまとめあげるのは前回と同様でしたが、それなりに
まとまったと思います。
新曲を、(気持ち的に)鮮度があるうちに発表できたので、モチベーションは高かったですし、
次回定演に向けて、早くスタートダッシュできたので、以降が少し楽になると思います。

次回の第5回茨城マンドリンフェスティバルの開催も決めました。
またいい準備をして、楽しい場にできたらいいと思います。



posted by たまねぎ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

5/12(日)に茨城マンドリンフェスティバルを開催します

5/12(日)に、茨城マンドリンフェスティバルを開催します。

日時 2013(平成25)年5月12日(日)
   開場 13:00
   開演 13:30

場所 筑西市 県西生涯学習センター
   茨城県筑西市野殿1371
    JR水戸線下館駅下車 タクシー10分
    関東鉄道常総線大田郷駅下車 徒歩8分

入場料 無料

参加団体及び演奏曲目(5団体)
 1.リバーシティマンドリーノ
    スウィングメドレー
    洋楽ヒットメドレー
    花は咲く
    哀愁のお嫁サンバ
 2.フィオリーナマンドリンアンサンブル
    還俗修道士
    ホール・ニュー・ワールド
    めぐり逢い
    ウィーン我が夢のまち
 3.マンドリンアンサンブル わをん
    クシコスポスト
    浜辺の唄変奏曲
    ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)
    ソナタ イ短調
 4.下館マンドリンクラブ
    オリーブの首飾り
    テキエロ・ディヒステ
    星影のワルツ
    叙情曲集(出船)
    ブラジル
 5.ラ・ジュネス
    千曲川
    異邦人
    ニュー・シネマ・パラダイス
    ビートルズ・メドレー
 ※ 一部曲目が変更になる場合もあります

茨城県のマンドリンクラブが集まって発表し合う、交流会として始めて、今回で4回目になります。
名前も新たに、「茨城マンドリンフェスティバル」となりました。

それぞれ特色の異なる5団体が演奏しますので、お誘いあわせの上、ぜひ、ご来場ください。


ラ・ジュネスとしては、4曲を演奏します。
いずれも、3/10の第7回定期演奏会後に練習を始めた新曲です。
ラ・ジュネスらしく、違うタイプの曲を選曲してみました。

1.千曲川
  S50年発表の五木ひろしの名曲です。
  比較的さわやかな感じで、あまり演歌っぽくないですね。

2.異邦人
  S54年発表の久保田早紀のデビューシングルです。
  シルクロードをイメージしたアレンジが素晴らしくて選曲しました。
  難しいですが、各パートに聴かせどころがあります。

3.ニュー・シネマ・パラダイス
  イタリア映画の音楽です。
  美しいメロディーが印象的です。
  ゆったりとしたテンポが維持できるように練習に取り組んでいます。

4.ビートルズ・メドレー
  ビートルズの名曲を集めたメドレーです。
  以前から、会員から強い要望があったのですが、やっと実現できました。
  有名でタイプの違う曲ということで、以下の曲を並べてみました。
  ・Let It Be
  ・オブラディオブラダ
  ・イエスタデイ
  ・抱きしめたい
  ・Hey Jude

まだ練習が足りなく、これから仕上げる段階ですが、何とかいい演奏ができるように、あと少しの練習を頑張りたいと思います。

また、ほかの団体の演奏も楽しみです。
お互い、いい刺激になるといいですね。


posted by たまねぎ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会 アンケートから

定期演奏会アンケートに記載いただいた内容で代表的なものについて、いくつかコメントしたいと思います。

1.音響
 これまでの小ホールから大ホールに変更になるということで、最も懸念していたのが音響です。
 小ホールでも、音が小さいというコメントをいただいていたので。

 対策として、以下2つを実行しました。
 ①マイク、スピーカの使用
  生演奏の雰囲気は壊さないように、よくわからない程度に入れてみることにしてみました。
  リハでの確認で音響OKと判断しました。
 ②なるべく前の方に誘導する
  開場時の前半は、後方の席は入れないようにしました。
  ただし、観客が多いことが分かったので、途中で外しました。

 結果ですが、「音が小さい」というご意見を多くいただく結果となってしまいました。
 逆の意見もあったので、座った場所によるのかもしれませんが、次回に向けては再検討が必要と思います。

 中低音が弱い、という意見もありました。
 全体の音量もそうですし、中低音については特に、マンドリン、ギターの特性によるところが大きいです。

 どこのマンドリンオーケストラ(大規模なホールで演奏する団体)でも、同じ悩みがあると思います。
 私がよく目にするのは、打楽器や管楽器の賛助を入れた大曲の演奏です。
 これは確かに迫力があるのですが、マンドリンやギターは完全に音量で負けてしまう傾向になります。
 (奏者としても、頑張って練習したのに、本番で消されてしまうのは悲しいことです)
 それを避けるのに、ラ・ジュネスでは極力賛助は入れない方向にしています。

 本来は大ホールで演奏するべきではないのかもしれませんが、多くの皆様に聴いていただける幸せも
 ありますので、次回までに、更なる対策を考えたいと思います。

 ただ、マンドリン等の楽器の長所を消さないことが大事ですので、バンドや吹奏楽のような迫力を
 求める方に満足いただくことは不可能と思います。

2.司会
 司会については、毎回、両極端のご意見をいただきます。

 ①司会者の出入りを少なく。何曲かまとめて紹介でいい。
  ⇒ とにかく曲を聴きたい傾向でしょうか
 ②もっと詳しく紹介してほしい。
  ⇒ 演奏会全体を楽しむ、イメージを大切にする傾向でしょうか

 司会には、演奏だけだと堅苦しい雰囲気になるので、雰囲気を作ってもらうとともに、
 曲のイメージを持って聴いていただきたいという思いから、非常に重要と考えています。

 また、何曲かをまとめた方が効果がある場合には、そのようにしているのですが、
 ラ・ジュネスのように色々なジャンルの曲を演奏する場合、まとめるべきではない
 ケースが多くなってしまいます。
 例えば、演歌とクラシックをまとめて紹介したら変ですよね。

 昨年、ポールモーリアや子供向けの曲を2曲連続したときはまとめました。

 今回は、特徴の異なる曲を並べたので、まとめるべきではないと判断しました。
 (飽きないためには、特徴の異なる曲を並べた方が効果的と思っています)

 ということで、演奏会を楽しんでいただくために、どのようにするのがいいのか
 考えながら、今後もやっていきたいと思います。

3.パーカッション
 パーカッションの音量についても、両方のご意見をいただきます。
 ①音が大きすぎる
 ②かっこいい
 好みの分かれるところとは思います。

 これまでもそうしてはいたのですが、極力効果的に入れるように努力します。
 雰囲気に合わない所では入れない。効果的なところはガンガンいく。
 これまで以上に気にしていきたいと思います。

4.選曲
 ラ・ジュネスの客層は、60代以降が多くなっています。
 従いまして、懐かしい曲のリクエストや、もっと増やしてほしいという意見が多くなります。

 一方、ラ・ジュネスの会員としては、年に一度の大舞台なので、自分が演奏したい曲、
 大曲もやりたいという思いがあります。
 ラ・ジュネスは、ほぼ年間を通して活動して、毎月のように対外演奏をこなしています。
 対外演奏では客層が限定されるものが多いので、懐かしい曲は多く演奏しています。
 年1回の定期演奏会は会員のモチベーションのためにも、違いを出す必要があるのです。

 あと一つの視点としては、客層を限定したくないと考えています。
 子供から大人まで楽しめる演奏会を目指しています。
 従って、子供向けの曲も演奏しますし、クラシックやラテン、歌謡曲、洋楽、映画音楽など、
 多くの人に楽しんでいただけそうな曲を幅広く取り上げて、バランスを取っています。

 今回、AKB48メドレーは、人気では最下位でした。
 それでも、良かったというコメントを書いてくださった方もいました。
 また、会員にはとても好評でした。
 選曲バランスとしては、若者向けの曲が1曲もなかったために追加した、とても重要な曲だったのです。
 (観客には、少数ですが、子供・若者はもちろんいます)

 ということで、今後も、バランスを取った選曲にします。
 もちろん、多くの方が好きな懐メロもやっていきたいと思います。
 懐メロでも子供向けでも、他の世代の方が聴いても良いと思える、選曲やアレンジを考えたいと思います。
 (限界もあるでしょうけど)


色々書きましたが、演奏面も含めて成長していきたいと思いますので、今後の演奏会も楽しみにしていただきたいです。

posted by たまねぎ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会 アンケート結果

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会には、約615名の観客に
来ていただきました。
アンケートは371枚も回収できました。ご協力ありがとうございます。
ということで、恒例の定期演奏会のアンケート結果レポートです。
(枚数が多くて集計に時間がかかりました)

◆人気曲ランキング

 恒例の、人気曲ランキングです。
 アンケート用紙に羅列した曲名にチェックいただいた数です。

 ★第1位 : 百万本のバラ
  私にとっては意外な曲が1位でした。
  今回選んだ曲の中では、あまり凝っていない方の部類なので。
  単純に曲が好きな人が多かったようです。
  私が編曲したのですが、似たような感じの曲想が続くので、飽きられないか
  心配でしたが、余計な心配だったようです。

 ★第2位 : 恋のアランフェス
  ギター、マンドリンのソロがあったのでインパクトが大きかったようです。
  でも、曲自体の受けも良かったようです。
  最初のフルートのメロディも好評でした。

 ★第3位 : サウンドオブミュージック・メドレー
  この曲は予想通りの結果でした。とても良い曲がそろっているので。
  私自身もお気に入りです。
  上位3曲はかなり近い票数でした。

 ★第4位 : 悲しき天使
  この曲もとてもいい曲ですし、凝ったアレンジなのでお気に入りです。
  高い評価をいただき、4位になりました。 

 ★第5位 : メリアの平原にて
  マンドリンオリジナル曲がここでランクインです。
  この曲の採用はかなりのチャレンジだったので、良い結果に終わってよかったです。
  そう。アンサンブルで採用したのもチャレンジでした。本来は全体でやって迫力を出すべき曲なので。
  このような曲の評価が高いのは意外なところではあります。


 客層からいって懐かしい曲を求める声が多いのは分かるのですが、「津軽海峡・冬景色」がランク外だったりして、毎回なのですが、私の読みは当たらないです。
 どのような曲が受けるのか理解できていないのが実情ですね。


◆番外 - コメント数ランキング -

 さて、続いては、曲に対するコメント数ランキングです。
 上記と異なる結果になっていて興味深いので、あえて記載します。

 ★第1位 : 恋のアランフェス
   やはり、ソロに対するコメントが多かったです。

 ★第2位 : アンコール(主にロシア民謡メドレー)
   「ロシア民謡メドレー」は、以前定演で採用してダントツ人気1位だった曲で、今回も反響が大きかったです。
   「君の瞳に恋してる」も評価が高そうでしたが、曲名が分からない人が多いと思われ、コメントの区別がしづらいものもありました。

 ★第3位 : ランバダ
   人気ランキングでは5位にも入らなかったこの曲が3位です。
   主に、パーカッションに対するコメントが多かったです。
   パーカッション、かっこよかったです。

 ★第4位 : メリアの平原にて
   聴き応えがあったとのうれしいコメントをいただきました。

 ★第5位 : 百万本のバラ
   人気ランキングでは1位でしたが、意外とコメントは少なかったです。
   いい曲だけど、あえて書くこともない、という感じでしょうか?


次回は、アンケートでご要望いただいた内容について、少し記載したいと思います。

posted by たまねぎ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会を終えて

3/10(日)に開催しましたラ・ジュネス マンドリンクラブの第7回定期演奏会は無事終了しました。
ご来場いただいた方々、後援いただいた方々、支えていただいた関係者の皆様に心から感謝いたします。

今までは小ホールで400名程度の規模の会場でしたが、今回は大ホールで1,300以上の規模ということで、大ホールの選択にあたっては会員内で賛否ありました。
入場者数は、推測で615名程。座りやすくてガラガラには見えない程度の入りでちょうどよかったと思います。
前回よりも大幅に客数がアップしました。集客の努力が実を結んでよかったです。
ということで、大ホールにして正解でした。次回も大ホールです(来年3/30(日))

演奏会の出来に関しては、まあよかった方と思います。実力以上のものは出ませんので、その意味では”実力以下”の部分が少なかったので全体を通してよかったですね。大きなポカもなかったし。

個人的には、「AKB48メドレー」「ランバダ」「君の瞳に恋してる」など、ノリの良い曲が楽しかったです。お客様にも伝わったのではないでしょうか。今後もこういう曲をやりたいですね。

今後、このブログでは、アンケートの集計結果の一部を公開したいと思います。(恒例ですね)
アンケートは打ち上げの時に少し読みました。お褒めのコメント、叱咤激励、リクエスト曲からプロポーズ?までいろいろありましたが、参考にして次回定演につなげたいと思います。
現在集計中なので、しばらくお待ちください。

さて、定演も終了し、これからはまた次に向かって出発になります。
ラ・ジュネスはまじめなクラブなので、1週間休んで、さっそく3/23(土)から練習再開です。
(実は1週間休むのは今回初めてで、今までは次の土曜日から練習していたんです)
新曲たっぷりなので、楽しみです。

毎回、定演のたびに成長したところをお見せできているので、次回も成長できるように頑張りたいと思います。


posted by たまねぎ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の見どころ


ラ・ジュネス マンドリンクラブの第7回定期演奏会が間近に迫ってきました。
定演は、3/10(日)ひたちなか市文化会館大ホール 13:30開場 14:00開演です。

3/4にFMぱるるんで、ラ・ジュネスの紹介をしてもらいました。
ラ・ジュネスのホームページで視聴できますので、ぜひ聴いて下さい。
(定演が終了したらリンクを解除します)
当日対応していただいた4名の会員の方々は緊張したと思います。お疲れさまでした。

さて、今回の定演の特徴をいくつか挙げておきたいと思います。

1.大ホールでの開催(ひたちなか市文化会館)
 これまでは、小ホールや小ホール相当の500名以下の規模のホールでの開催でした。
 ・最近の演奏会ではほぼ満員になっていたこと
 ・駐車場もほぼ満車だったこと
 ・会員も増えて、舞台が狭くなっていたこと
 から、今回から大ホールを予約しました。
 初めてなので慣れないところはありますが、いい経験にして次回以降につなげたいと思います。
 ちなみに、第8回定演は来年3月30日(日)、大ホールです。

2.演奏のレベルアップ
 第1回から、少しずつレベルアップしてここまで来ました。
 今でも成長していると思っていますので、今回もいい演奏をお聴かせできたらと思います。

3.賛助無し
 今回は賛助無しで、演奏は全て会員のみとなります。
 賛助無しで、これだけの曲を演奏できるのはすごいと思います。
 その意味では、パーカッションメンバーの存在が大きいです。
 ほぼ一人で、色々な打楽器を叩いてもらっていますので注目です。

4.編曲
 今回も、私の編曲が多くなりました。
 ということは、他の団体では聴けない曲が多いという事ですので、ラ・ジュネスの特徴になっています。
 編曲の出来自体は、観客の皆さまに判断していただきたいです。

定演のプログラムは、こちらを参照ください。
posted by たまねぎ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目紹介(第三部)

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目、続けて第三部です。
再び全体合奏に戻ります。
第三部は、日本でも有名な世界各国の音楽を集めました。

【1】悲しき天使
 メリー・ホプキンの歌で有名な曲です。
 そのメリー・ホプキンの楽曲が、とてもよいアレンジになっているので、参考にして編曲しました。
 メロディーごとにアレンジが異なるので、単なる繰り返しがなく、とても楽しめます。

【2】ラ・パロマ
 スペインの作曲家が、キューバを旅したのをきっかけに作曲した曲です。
 編曲して感じたのは、メロディーが非常に長いということ。
 メインのメロディーと裏のメロディーの組み合わせを大切に編曲しました。

【3】ランバダ
 南米発祥のダンス音楽ですが、フランスのKaomaというグループの歌とダンスで有名になりました。
 非常にノリの良い曲ですので、ノリを大切に演奏したいと思います。


【4】恋のアランフェス
ロドリーゴが作曲したギター用の協奏曲「アランフェス協奏曲」の2楽章の一部をアレンジしたのが「恋のアランフェス」です。

「恋の」という題名と曲調があまり合っていないのですが、恋愛の歌ではないのです。
スペイン内戦の悲惨さを歌ったもので、銃撃で傷ついたアランフェス庭園を擬人化して訴えたのが「恋の・・・」になってしまったようです。

この曲では、ギターソロとマンドリンソロを入れました。
今回の他の曲にはない構成になっています。

【5】行進曲「威風堂々」第1番
今回のメイン曲です。速い部分が非常に難しい曲で、みんなかなり手こずっていますが、ようやく完成度が上がってきました。本番までもう少し、頑張りたいと思います。

速い部分は、速さを追及するよりは、きちんと音量を出して弾けることを重視しています。オケを聴き慣れている方にとっては遅く感じるかもしれませんが、違和感が少ない程度にはしているつもりです。

中間部のメロディーは非常に有名で、ほとんどの方は聴いたことがあると思います。とてもよいメロディーなので、じっくりと聴かせられたらと思います。
このメロディーは、平原綾香さんや秋川雅史さんも歌っています。
また、テレビアニメ「あたしンち」のエンディング曲にもなっています。私はあまり聴いたことがなかったのですが、YouTubeを確認してみたら、速い部分のメロディも入っていてラップ調になっているんですね。面白いアレンジなので、興味のある方は聴いてみて下さい。


定演の詳細は、こちらをご覧ください。

posted by たまねぎ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目紹介(第二部)

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目、続けて第二部です。
第二部は、アンサンブルステージです。
3つのグループによる演奏ですが、今回は今までにないくらいの難曲ぞろいになってしまいました。
あともう少し、完成度を上げて定演にのぞみたいと思います。
アンサンブルでは、人によってはパートを入れ替えています。

★ メリー・マンドリン・カルテット

マンドリン4重奏です。1st. Mandolin, 2nd. Mandolin, Mandola, Guitarの編成です。

今回選曲したのは、「アンダンテとポロネーズ」
「マンドリニストの行進曲」と同じ、Mezzacapoが作曲したマンドリンオリジナル曲です。
この曲の特徴は、複数のきれいなメロディーが次々と現れては入れ替わることです。
テンポの変化が激しいので、呼吸の合わせ方を多く練習しました。
4重奏ならではの、呼吸の取り方をお伝えできればと思います。
特に1st. Mandolinが難しいですが、かなり完成度が上がってきていますので本番が楽しみです。

★ギター合奏

ギターの3重奏です。
今回は、「涙のトッカータ」「エル・チョクロ」の2曲を選曲しました。
タイプの違う曲を選びました。

「涙のトッカータ」は、ポール・モーリアの演奏で有名な曲です。
良いメロディーの曲ですので、聴きやすいと思います。

「エル・チョクロ」はラテン曲です。
ギターが合う曲ですし、カッコイイ編曲になっていますので、迫力のある演奏が出来たらと思います。
この曲も、かなりの難曲です。

★エスポワール

希望者による有志マンドリン・アンサンブルです。
もともとは、パートリーダー、副リーダーで始めましたが、現在は参加希望者でアンサンブルをしています。

今回選曲したのは、「メリアの平原にて」
「メリアの平原に立ちて」とも呼ばれるマンドリンオリジナル曲です。
イタリアの作曲家・指揮者であるマネンテの作曲です。
1908年ミラノのマンドリン音楽誌イル・プレットロ主催の第二回作曲コンクルールで第三位になった曲です。

この曲は、かなりの難曲です。
厚みのあるカッコイイ演奏をすべき曲で、本来は全体合奏でやるべき曲なのですが、かなりの難易度で弾きこなせないメンバーがいるのでは、ということで、アンサンブルで採用しました。
ただ、このメンバーにとっても難曲であることは変わりなく、一年間、この曲1曲に絞って練習してきました。
だいぶまとまってきましたので、あともう少し、頑張っていい演奏をしたいと思います。


次回は第三部を紹介します。

定演の詳細は、こちらをご覧ください。
posted by たまねぎ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目紹介(第一部)

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定期演奏会の曲目を紹介していきたいと思います。
まずは、第一部です。

【1】マンドリニストの行進曲
 イタリア生まれの作曲家、Mezzacapoが作曲したマンドリンオリジナル曲です。「マンドリニストの行進」とも呼ばれます。
 オリジナル曲なので、一般にはなじみのない曲ですが、軽快で分かりやすいメロディーの行進曲なので、1曲目にもってきました。
 初めて聴いた方にも楽しんでいただける曲だと思います。
 行進曲なのですが、音量の変化が大きいのが特徴です。
 p(ピアノ)をうまく表現できれば、ff(フォルテシモ)が活きると思います。

【2】百万本のバラ
 ラ・ジュネスにおいては、年配の観客が比較的多いので、懐かしい曲を何曲か選曲しています。
 そのひとつがこの曲です。
 加藤登紀子さんが1987年に歌ったカバーが有名ですが、もとはラトビアの歌謡曲を原曲とするロシア語の歌謡曲です。

 会員からのリクエストで採用した曲になります。


【3】AKB48メドレー
 以前のブログでも記載しましたが、色々と話題の多いAKB48のヒット曲のメドレーです。明るくて元気な曲を集めています。
 ①フライングゲット ②会いたかった ③ヘビーローテーション ④Everyday、カチューシャ ⑤真夏のSounds Good! ⑥ギンガムチェック

 ⑤は昨年末のレコード大賞の受賞曲となりましたね。
 明るくて元気な曲を集めた結果、とても演奏に疲れるメドレーになってしまいました。
 疲れを見せないように若々しく演奏できたらと思います。

【4】津軽海峡・冬景色
 おなじみのこの曲。幅広い年代の方がご存知と思います。
 この曲は、観客の方からの強いリクエストで採用したものです。
 とてもよい曲ですし、マンドリンにも合っています。演奏が楽しみです。


【5】サウンド・オブ・ミュージック メドレー
 会員から、以前から多くのリクエストをいただいていたのがサウンド・オブ・ミュージックです。
 検討を重ねて、やっと編曲ができての採用となりました。
 ①前奏曲~サウンド・オブ・ミュージック ②ドレミの歌 ③エーデルワイス ④もうすぐ17才 ⑤私のお気に入り
 ②③⑤など、有名な曲があるので聴きやすいと思いますが、①がポイントと思っています。
 ①をきれいに弾いて聴かせられればと思います。
 私が編曲したメドレーで最長の、7分を超えるメドレーになってしまいました。

次回は2部を紹介します。
posted by たまねぎ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年も楽しく演奏できましたが、今年も更にいい演奏を目指して頑張りたいと思います。

これからは、3/10の定演に向けての本格練習になります。
1/5から練習を開始して、完成度を上げていきます。
今後このブログでは、定演の演奏曲でまだ紹介していない曲を取り上げていきたいと思います。

私の方は、来年度(定演後)の練習曲の楽譜準備が忙しい状態です。
かなり大変なのですが、定演がおろそかにならないように頑張りたいと思います。

posted by たまねぎ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

他クラブの演奏会に参加しての感想

12/22でラ・ジュネス マンドリンクラブの今年の練習は終了しました。
私は12/22の練習に参加していないのですが、同じ12/22に別クラブの演奏会に参加(大学マンドリンクラブの演奏会にOB参加)したので、同様に弾きおさめになりました。

別クラブのことを書くのもどうかと思いましたが、今後の参考に書いておきます。

感想を短くまとめると
・難しい曲が多かったので、ラ・ジュネス以上に頑張る必要があったし頑張った
・みんなの前向きな姿勢がいいな~と思った
・それぞれのメンバーの方々(指揮・奏者)の感性に触れられて参考になった
・大学時代を思い出すとともに、新たな歴史に当事者として関われたことがよかった

 (今回をもって休部となります)

ということで、非常に有益でした。

最近は同じクラブの中だけに閉じこもっていたので、いい刺激をもらいました。
それと同時に、いろいろな方と知り合えたので、今後も交流したいと思います。

今回、ラ・ジュネスとの掛け持ちのため、練習には半分くらいしか出られなかったのですが、ギタートップ(ラ・ジュネスではパートリーダー)になってしまいました。
余計に気合が入らざるを得ない状況になったのも、結果的には良かったかもしれません。

この演奏会に参加して感じたラ・ジュネスの良いところを書きます。

★ 楽譜が見やすい・確認,修正された状態で配布されている

 これは私が主導でやっているもので手前味噌でもありますが、今回とても感じました。
 ①紙のパート譜のスキャナ読み取りが配布される
 ②弾きづらいので楽譜ソフトで作成し直し
 ③弾きながら間違いの修正、音量記号の確認
 という手順が多かったのですが、これらの工程が練習に影響していたと思います。

 特に、総譜原本にも間違い・漏れがあったり、音量など縦と横の関係がずれていたりというのが多くあります。
 ラ・ジュネスでは、一旦総譜の電子楽譜にして、音符の確認・縦と横の関係の確認をした上で楽譜を配布しているので、見やすいと同時に、間違いが少なく、合奏中に確認する時間が節約できます。

★ 表情・体の揺れで音楽を表現する

 ・笑顔
 ・演奏合間のメンバー間のコミュニケーション
 ・弾きながらの体の揺れ

 実際はラ・ジュネスでもなかなかできない人が多いのですが、他クラブにはこういうところを個人的にではなく、全体として良くしようという考えはあまりないようです。(そういうクラブもあるかもしれませんが少ないと思います)
 私の本番のしぐさに驚いた方がいました。
 また、観客席にいた近い世代のOBからは、上手そうに見えたようです。

 私たちのクラブでは、年配者向けの演奏機会が多いですが、このような方々こそ、表情や表現などをよく見ていますし、よく指摘されます。表情が硬い・怖い・つまらなそうに弾いているなど。
 視覚的にも観客を乗せるような演奏をしたいものです。


さて、12/22のラ・ジュネス練習では、ソレイユ(アンサンブル)の発表会を実施しました。
私は録音で確認しました。
初心者や長期ブランクメンバーが多くいるアンサンブルで、すごい成長をしています。
同時に、まだまだの部分もあります。
それぞれの活動で課題を見つけながら、改善していきたいですね。

今年の書き込みは終了の予定です。良いお年を。

posted by たまねぎ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マンドリン | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

12/15 柏野会館でのマンドリン演奏

先週、12/15(土)に、柏野会館での納会に声をかけていただき、マンドリン演奏をしてきました。
柏野会館での演奏は、2009年からなので、今回で4回目になります。
毎年呼んでいただき、とてもありがたいです。

終始和やかな雰囲気で進み、歌や曲当てクイズなども含めて楽しい会となりました。
演奏の方もまあ良かったのではないでしょうか。

柏野会館は、ステージが狭いこともあり、アンサンブル エスポワールのメンバーで参加しています。
指揮なしでの演奏だったので、私はギターでの参加でしたが、普段指揮している都合もあって、今回は私自身初めてギターを弾く曲が何曲かありました。事前練習が1回だけで慣れが不足していましたが、まあ大きな問題なくできたと思います。

これで年内の対外演奏は終了です。
今後は3/10(日)の第7回定期演奏会に向けて、集中練習になります。

posted by たまねぎ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

12/8 坂下公民館まつり マンドリン演奏

12/8(土)に、日立市の久慈川日立南交流センターで開催された、坂下公民館まつりに声をかけていただき、マンドリン演奏してきました。
久慈川日立南交流センターでは、ラ・ジュネスの一部のメンバーが平日に集まって練習しており、利用団体として声をかけていただいたものです。

人数制限もあるということで、今回は、利用しているメンバー(アンサンブル ソレイユ)が中心となっての参加となりました。初心者から始めたメンバーも多くいるソレイユの初ステージとなりました。

※上記交流センター利用者中心ということで、純粋なソレイユとはメンバーが異なります

お祭りの演奏というと、なかなか聞いてくれなかったりするケースもあるのですが、今回は、立ち見が出るほどの客の入りで、しかも、皆様、熱心に聴いてくださいました。

演奏の方ですが、事前練習ではいろいろと苦労しましたが、本番はそれなりの完成度になったと思います。

普段、後ろで弾いていることが多いメンバーが、前列でプレッシャーを感じながら弾いたことは、大きな財産になると思います。
実際に、後ろで弾いているのとは気持ちの入れ方が違う、こういうプレッシャーの中で弾くと成長の仕方も違うと思う、という声も聞かれました。
ラ・ジュネスでは、3つのアンサンブルのグループがありますが、その一番の目的は、そこにあります。
前列で弾いているメンバーでさえも、全体合奏では間違えても別の人が弾いてくれているという安心感がありますが、アンサンブルではそうもいきません。(少人数になればなるほど)

そういう意味では、いつも一人で弾いているパートの方はすごいですよね。
いつも自分の音がすべての状況で弾いている訳ですから。

ということで、いろいろな活動・練習の中で、それぞれが成長していけたらと思います。

posted by たまねぎ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

11/25 お楽しみ交流会マンドリン演奏を終えて

11/25(日)に、日立市の水木交流センターのお楽しみ交流会の余興として、マンドリン演奏をしてきました。
演奏曲は、年配向けの曲が中心ですが、楽器紹介、歌、曲当てクイズといった時間も設けて一緒に楽しめるプログラムとしました。

結果としては、今までで一番といっていいくらいに盛り上がった、非常に良い催しとなりました。
観客の皆様のノリが良く、音楽が好きな方々が多かったようで、本当に楽しんでいただきましたし、こちらも乗せられて楽しく演奏できました。

私は指揮兼司会だったのですが、声を挟んでいただいて笑ったり、一緒に演奏に合わせて歌ってもらい一体となった音楽ができたり。歌も上手でした。
観客に向かって指揮したときの一人一人の笑顔(こちらを見て歌いながら笑いかけていただいた方が印象的でした)、一生懸命に歌う方、手拍子していただいた方などの光景が、今も浮かびます。

定期演奏会のような催しもいいのですが、このような形式の音楽会もとても良いと改めて思いました。

終了後は、そばなど、お食事を出していただき、会員で話をしながら楽しい時間を過ごせました。

プログラム等は、こちらを参照ください。
posted by たまねぎ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ラ・ジュネス マンドリンクラブ 第7回定演のプログラム

ラ・ジュネス 第7回定演のプログラムを確定しました。

イケガクさんのホームページに載せていただきましたので、ご確認ください。
http://www.ikegaku.co.jp/eventdata1303.html#lajunes

近いうちに、ラ・ジュネスのホームページにも載せたいと思います。

すでに紹介済の曲、まだ紹介していない曲とあります。
まだ紹介していない曲につきましては、今後少しずつ紹介していきたいと思います。

今回も、各ジャンルの名曲を演奏しますが、今回の傾向としては、アンサンブル効果の大きい曲が多いと思っています。全てのパートに聴きどころのある曲がそろっていると思いますので、ぜひメインのメロディーの陰に隠れている裏メロを聴いていただきたいです。
私個人的に裏メロが好きなので、指揮しながらも、裏メロに集中していることが多いです。(もちろん全パートの音は聴いていますが) 編曲も、裏メロに力を入れています。メロディーと伴奏と伸ばしだけのような編曲には極力しないようにしています。

あと、2部のアンサンブルに聴きごたえのある曲がそろっています。
難曲ばかりなのですが、いい演奏ができるように、頑張って練習したいと思います。

今回、初めて私が全曲指揮をすることになりました。(2部は指揮なしですが)
今までは少し遠慮して練習時間を少なめにとっていたのですが、今回はそういう配慮は不要なので、演奏の完成度に加えて、自分の指揮の完成度アップにもつとめて、少しでも完成度の高い音楽を目指したいと思います。


昨日、下館マンドリンクラブの定演に行ってきました。
下館も、年々上手になっていますね。
演奏会に行くといい刺激を受けます。負けないように頑張って練習したいと思います。

posted by たまねぎ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

11/18(日)は下館マンドリンクラブの定演です

今度の日曜日は、下館マンドリンクラブの定期演奏会です。

第7回定期演奏会
11/18(日)開場13:00 開演13:30
シトラス(大和ふれあいセンター)

昨年は、友人のオケのコンサートと重なっていて行けませんでした。
実は今年も重なっているのですが、今年はそちらは家族に任せて、私は大和に行きたいと思います。
下館マンドリンクラブの方々には、いつもお世話になっていますし、ラ・ジュネスの演奏会にも多く来ていただいていますので。

私たちが演奏したことのある曲もありますし、あまり知らない曲もあると思いますので、とても楽しみです。

posted by たまねぎ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マンドリン | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

AKB48メドレー

今年は、若者向けの選曲が1曲もなかったので、定演向けにAKB48メドレーを演奏することにしました。
今、若者に人気といえば、AKBか嵐と思いますが、AKBの方が明るく元気な曲が多く、TV等で耳にする機会も多いので、こちらの方が最適かと思いました。

子ども、若者向けの選曲は非常に難しく、苦労しています。その理由としては、
①タイミングが重要。タイミングを逃すと時代遅れになってしまう。
②メディアの多様化によって、ヒット曲でも知らない人が多い。
③意外と難しい曲が多い。
といったことが挙げられます。
せっかく選曲したのに会員にも観客にも受けないのは、ちょっとこたえます。

ということで、AKB48メドレーです。
上記3つの難点をそれなりにクリアはしているかと・・・。

今回、選曲したのは、以下5曲。
・フライングゲット
・会いたかった
・ヘビーローテーション
・Everyday、カチューシャ
・真夏のSounds Good!
・ギンガムチェック

上の4曲は、代表曲として、たいていの人が納得するのではないでしょうか。
それに今年の曲を2曲追加しました。

選曲の条件は、代表曲で明るく元気な曲。
バラードやかっこいい系の曲は外しました。

ギンガムチェックの発表を待って、編曲を完成させた関係上、配布がかなり遅くなってしまいました。
(この曲は、大きなヒットはしていませんが、かなり良い曲です)

心配なのは、このあと定演までに大ヒット曲がでないかどうか。
出た場合はどうするか、まだ考えていません。(そのままにするか、無理やりくっつけるか・・・)

このメドレーの編曲をやってみての感想は、簡単なメロディーながらも、練ったコード進行をさせて聴く人を惹きつける工夫がしてある曲が多いので、参考になりました。シンプルなメロディーだけど、作りは凝っているといった感じです。
今まで色々なメドレーを作りましたが、今回が、最も削除した部分が多いメドレーとなりました。
削除しないと、15分くらいになっていたかも。
(削った曲、メロディーが数多くありました)
印象的なメロディーが多いので、作ってみたけど、時間が長すぎて多くをカットしました。
ということで、5~6分くらいまで絞り込みました。

明るく元気な部分がほとんどですが、最初から最後まで走り続けると、奏者も聴衆も疲れるので、少しだけ、ゆっくりの部分や変化をつけてみました。

定演までに、完成させたいと思います。

posted by たまねぎ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

ラ・ジュネス以外の活動

会員の多くは、ラ・ジュネス以外の団体や教室などでも活動していて、その熱心さには感心させられます。
他の地域の大きな団体と比べて、技量レベルは決して高いものではありませんが、練習熱心さでは負けてないのではないかと思います。
初心者や数年~数10年のブランクがあったメンバーがほとんどで、これらのハンデを熱心さでカバーしていて、メンバーたちの熱心さに、私も頑張んないと、という気持ちにさせられます。

私は長年単身赴任だったこともあり、家族との時間をある程度確保するために、ラ・ジュネス以外の活動はしていなかったのですが、今年から自宅からの勤務に変わったので、別の活動も少しですが始めました。

一つは、私の出身大学の定期演奏会への参加です。
存続の危機の状態で、OBの参加で何とか演奏会をしている状態で、少しでも力になりたいのと、ラ・ジュネス以外のメンバーとの演奏や会話等で得られるものも多いと思ったからです。
まだ1回しか練習に出ていませんが、別の団体に所属する指揮者での演奏は、とても参考に、そして刺激になります。ラ・ジュネスでの指揮にも好影響が出ると思っています。

もう一つは、県内の別のクラブの部内演奏会への参加です。
家庭の事情もあり、所属できるかは分かりませんが、部内演奏会には参加して刺激を受けたいと思っています。
これらは年明けまでなので、そのあとは、ラ・ジュネスの定期演奏会1つに絞って頑張りたいと思います。


昨日、上記後者の方の練習をやったのですが、そのメンバーの方に、ブログ見てますと言われました。
最近、更新が滞っていたので反省・・・。
ということで、今日は前者の練習日なのですが、移動の電車の中でブログ書いています。
自宅からの勤務になると、平日夜は子供と遊ぶので忙しく、なかなかPCをいじれないので、対策を考えたいと思います。

それではまた。

posted by たまねぎ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ・ジュネス | 更新情報をチェックする